キャデラック・シボレー国立 /正規ディーラーのアメ車日記

STGではアメ車(アメリカ車)の新車・中古車販売、パーツ&アクセサリーの販売をしてます。キャデラック・シボレー正規販売店
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
STG


株式会社エスティージー
〒186-0011
東京都国立市谷保6037-1
TEL:042-575-2526
E-Mail:info@stg-inc.jp
営業時間
 10:00-19:00
定休日
 火曜日、第三水曜日

営業案内
●アメ車の新車・中古車
  輸入・販売
●アメ車パーツ・部品販売
●修理・点検・整備
  ACデルコ公認工場
●カスタム
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
アメ車 シボレー キャプティバ ATF交換

車検でご入庫の

I様のシボレーキャプティバ

 

長距離乗られているようで

この機会に消耗品を

いろいろと交換しました

 

今日はそのうちのATF交換のご紹介です

 

キャプティバのATF交換は

まずトランスミッション下の

ドレーンボルトからオイルを抜き取り

 

新油はボンネットを開けたところの

トランスミッション上部の

フィラーから補充していきます

写真中央付近に見える穴です

キャップを外してオイルを

入れられるようにした状態です

 

油量をチェックするレベルゲージは

無いタイプのミッションなので

トランスミッション左横に付いている

油量調整用のドレーン穴から

溢れてくるまで新油を注入していきます

純正指定フルードDEXRON

 

左前輪の奥を覗きこむと見えます

この奥!

接写

 

このボルトを外した状態で

溢れ出て来るまで

 

ATFは温度によって体積がかなり変化

するので、油量調整時は診断機を使って

ATFが指定の油温になったのを確認して

油量を調整します

 

いわゆるオイルパンを外してATF交換するタイプのミッションではないので、この作業を2回繰り返して中のオイルを入れ替えます。長い距離を走る車ではATF交換は重要なメンテナンスの1つです!

 

その他の車検作業については

次回掲載します!

 

 

大塚 仁嗣

| STGスタッフ | サービス工場 | - | - | - |
アメ車 キャデラック エスカレードESV 足回り修理

O様のキャデラック エスカレードESV

 

 

足回りの修理でご来店されました

 

前回に別の修理でリフトに上げたところ、スタビのリンクのブッシュが破損しているのを見つけて、今回修理となりました

 

 

右側のブッシュは、ちぎれていました

他のブッシュもへたりや、ヒビなどあり、スタビリンクとしての効果が無いような状態でした

 

 

左側も、ヒビやへたりで、役目をはたしていません

 

 

交換作業完成しました

 

前回にオイル漏れの修理したところも、問題ありませんでした

 

O様、いつもどうもありがとうございます!

 

 

紅林

| STGスタッフ | サービス工場 | - | - | - |
アメ車 ジープ グランドチェロキーSRT8 車検整備

車検でご入庫のH様の

JEEPグランドチェロキーSRT8

 

とにかくトルクフルで速いです。この車。

 

8月にご購入いただいたお車で

楽しんでいらっしゃるとのことです

 

こちらもご覧ください

http://stg-inc.jugem.jp/?eid=2753

 

8月の納車時に各部点検整備したので

今回の車検ではオイル交換と

 

ブレーキフルード交換

 

オイル交換後はオイルライフリセット

 

それとさりげないドレスアップで

ホイールナットを純正のシルバーから

 

ブラックのものに交換

 

これだけでも印象だいぶ変わりますね!

 

次のカスタムも検討されているとのことで

 

SRT8を楽しんでおられるようです

 

H様、いつもどうもありがとうございます!

 

 

大塚 仁嗣

 

 

 

 

| STGスタッフ | サービス工場 | - | - | - |
アメ車 キャデラック ATS 12か月点検

O様のキャデラック ATS

 

 

12か月点検とオイル交換でご来店されました

 

 

エンジンオイル交換しています

 

 

エアコンフィルターも外してみると、汚れていました

交換と同時に消臭効果のある、わさびディエールも取り付けさせて頂きました

 

 

作業終了後に、オイルライフのリセットして、車全体のトラブルコードが無いか確認して完成しました

 

O様、いつもどうもありがとうございます!

 

 

紅林

| STGスタッフ | サービス工場 | - | - | - |
アメ車 シボレー アストロ 車検整備

昨日のステアリングリンク修理の続きで

K様のシボレーアストロの車検整備

 

エンジンオイル、ブレーキフルード、ファンベルト、ブレーキパッドといった定番品に加えて

 

10/25日のブログで故障診断した

サーモスタットを交換

こちら⇒http://stg-inc.jugem.jp/?day=20181025

 

エアクリーナーケースを外すと

見えてきます

 

エンジンを適温に保つために冷却水をラジエターに通して温度を下げるか、通さないようにして温度を上げるかの通路を開閉するための部品です

 

交換するときにはエアクリーナー

も取り外すので、同時作業で交換

タイミング的にもちょうどよい感じですね

 

冷却水とウォッシャータンクの一部が

割れているため、こちらも交換

左が新品です

 

K様がご自身で点検されたときに

気付いたとのことでご用命頂いてました

 

各部リフレッシュしたので

今後もアストロでのカーライフを

お楽しみください!

 

K様、いつもどうもありがとうございます!

 

 

大塚 仁嗣

| STGスタッフ | サービス工場 | - | - | - |
アメ車 シボレー アストロ ステアリングリンク交換

車検でご入庫の

K様のシボレーアストロ

 

車検見積もり点検時に

ステアリングリンクの一部である

アイドラーアームにガタがあったので

そこの部品交換です

 

パワーステアリングギヤボックスと

タイヤとをつなぐ構成部品の一部で、

左右それぞれ一つづつ付いています

 

 

ここにガタがでてくると

タイヤの向きがしっかり固定されなくなるので、車がまっすぐ走れなくなることもあります

そして車検も通りません

 

右側をはずして

 

新品に交換

 

左側も交換です

 

組付け後はグリスを注入

 

車検も無事合格!

 

その他、いろいろ作業したので

また明日続きを掲載します!

 

 

大塚 仁嗣

 

 

| STGスタッフ | サービス工場 | - | - | - |
アメ車 キャデラック SRX 車検整備

S様のキャデラックSRX

 

車検整備の作業中です

 

ブレーキフルードの交換です

 

 

交換前のリザーブタンクは、かなり汚れて濃い茶色のような色になっています

 

 

タンク内のフルードを抜けるところまで抜いて、新しいフルードを入れてブリーダーより吸引していきます

汚れたフルードがどんどん抜けていきます

 

 

交換後はきれいになりました

フルードは汚れだけでなく、吸湿性もあり劣化していくので車検ごとの交換をお勧めしています

 

エアクリーナーの交換です

 

 

だいぶ汚れていました

なかなか目に見えることが無いので、日ごろのメンテナンスが大事です

 

 

A/Tフルードの交換です

 

ドレンから抜き取りになります

 

 

比べると、だいぶ黒くなっています

 

交換後は、

 

 

テスターのGDS2にて、TFT(トランスミッションフルードテンプ)の適温になるまで暖気して

フルードの量を調整していきます

 

作業すべて完成しました

 

S様、いつもどうもありがとうございます!

 

 

紅林

| STGスタッフ | サービス工場 | - | - | - |
アメ車 シボレー キャプティバ 車検整備

車検でご入庫のI様の

シボレーキャプティバ

 

保安基準に適合しているかどうかの確認と

次の点検時期まで安全にお乗り頂く為に

必要な整備のお見積もり中

 

走行距離は結構進んでいますが

状態は良好です

 

助手席グローブボックス奥にある

エアコンフィルターは

交換したほうが良いですね

 

灯火類の点灯状態や、

電子制御装置の点検も含め

一通り点検しました

 

このあとお見積もり作成です

 

 

大塚仁嗣

| STGスタッフ | サービス工場 | - | - | - |
アメ車 シボレー タホ エンジン始動不良修理

H様のシボレータホ

 

 

エンジン始動不良でお預かりしています

 

点検してみると、エンジンをきって少し置いた時の再始動のクランキングが時間かかりました

 

こうなる症状だと、燃料漏れは見当たらないので、ポンプ側で燃圧を保持してないかか、インジェクターの漏れが考えられます

 

燃圧計を取付けて点検してみると、エンジン切った後に燃圧が下がってしまいます

 

リターン側をふさいでも下がるのでインジェクターの漏れで間違いなさそうです

 

 

インテークのアッパー部分だけを外せばインジェクターが見えてきます

 

 

インテーク内はガソリンの漏れがある為かカーボンが溜まっています

 

インジェクター回りもかなり溜まっています

 

 

このインジェクターはかなり怪しいです

他のと比べてもインジェクターの先端がぬれています

 

 

新しいインジェクターです。

って、まったく別物になっています

 

 

組み付けています

同時にインテーク内のカーボンもクリーナーでクリーニングしています

 

エンジン始動も吹け上がりも改善しました

 

試運転してみると、加速も発進もかなり軽くなりました

 

エンジンを切った後に、インジェクターから燃料が漏れだして、再始動しようとした時に混合比が濃くなってかぶってしまい、クランキングの時間が長くなってしまったと思われます

一晩とか置いてしまえば、インテーク内のガソリンも蒸発してしまうので、混合比も濃くならずに、燃圧の保持はしていないので、少し長めではありますがエンジン始動できていました

 

作業完成しました

 

H様、いつもどうもありがとうございます!

 

 

紅林

| STGスタッフ | サービス工場 | - | - | - |
アメ車 キャデラック STS エンジンチェックランプ点検

エンジンチェックランプでお預かりの

W様のキャデラックSTS

 

GM専用の診断機を使用して

チェックしてみると

排ガスの状態を検出するための

センサー回路の故障と判明

 

V8エンジン搭載車ですが

V型エンジンにはこの排ガス濃度を

検出するセンサーが4つ付いています(正確にはそれぞれ役割が異なりますが)

 

右と左の排気管にそれぞれ付いている

触媒の前と後ろに1つずつあるので

合計4つで、今回の故障では

そのうちの1つが

機能していませんでした

 

部品を手配しようとしたら、何と

国内在庫無し・・・

 

輸入車ではときどきありますよね

 

現在部品入荷待ちです

 

 

大塚 仁嗣

 

 

| STGスタッフ | サービス工場 | - | - | - |
<new | top | old>