キャデラック・シボレー国立 /正規ディーラーのアメ車日記

STGではアメ車(アメリカ車)の新車・中古車販売、パーツ&アクセサリーの販売をしてます。キャデラック・シボレー正規販売店
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
STG


株式会社エスティージー
〒186-0011
東京都国立市谷保6037-1
TEL:042-575-2526
E-Mail:info@stg-inc.jp
営業時間
 10:00-19:00
定休日
 火曜日、第三水曜日

営業案内
●アメ車の新車・中古車
  輸入・販売
●アメ車パーツ・部品販売
●修理・点検・整備
  ACデルコ公認工場
●カスタム
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
SEARCH
<< アメ車 キャデラック STS エンジンチェックランプ点検 | main | アメ車 シボレー キャプティバ 車検整備 >>
アメ車 シボレー タホ エンジン始動不良修理

H様のシボレータホ

 

 

エンジン始動不良でお預かりしています

 

点検してみると、エンジンをきって少し置いた時の再始動のクランキングが時間かかりました

 

こうなる症状だと、燃料漏れは見当たらないので、ポンプ側で燃圧を保持してないかか、インジェクターの漏れが考えられます

 

燃圧計を取付けて点検してみると、エンジン切った後に燃圧が下がってしまいます

 

リターン側をふさいでも下がるのでインジェクターの漏れで間違いなさそうです

 

 

インテークのアッパー部分だけを外せばインジェクターが見えてきます

 

 

インテーク内はガソリンの漏れがある為かカーボンが溜まっています

 

インジェクター回りもかなり溜まっています

 

 

このインジェクターはかなり怪しいです

他のと比べてもインジェクターの先端がぬれています

 

 

新しいインジェクターです。

って、まったく別物になっています

 

 

組み付けています

同時にインテーク内のカーボンもクリーナーでクリーニングしています

 

エンジン始動も吹け上がりも改善しました

 

試運転してみると、加速も発進もかなり軽くなりました

 

エンジンを切った後に、インジェクターから燃料が漏れだして、再始動しようとした時に混合比が濃くなってかぶってしまい、クランキングの時間が長くなってしまったと思われます

一晩とか置いてしまえば、インテーク内のガソリンも蒸発してしまうので、混合比も濃くならずに、燃圧の保持はしていないので、少し長めではありますがエンジン始動できていました

 

作業完成しました

 

H様、いつもどうもありがとうございます!

 

 

紅林

| STGスタッフ | サービス工場 | - | - | - |